読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むやろぐ

文房具、手帳、本についてなんとなく書いてます。

読了「俺たちのBL論」

腐男子で重度のオタク、サンキュータツオさんと、普通のオタク、春日太一さん。
タツオさんから春日さんへの講義の形で、会話形式で続いていくのでとても読みやすかったです。
今までは、腐女子からや、女性からのBL解説本はたくさん出ているのですが、男性が男性へ、BLメガネがあると世界が楽しいよ!というのは、初めて読みました。
腐女子の私は、もう無機物有機物概念関係なく、2つあれば、脊髄反射的にカップリング妄想できちゃうので、ここまで細かく考え、分かりやすくして分析、プレゼンまでしている事にまず、驚き。
そして、視点がやはり違う。
もともと腐女子の妄想は、100人いれば100通りなのですが、女性同士ということもあってなんとなくで通じるところが、男性にはわからない部分だったりするのですね。
すぐ恋愛に結びつけたり、関係性を考えたり、ぐるぐる考えられるのは、本当に楽しい。
けれど、本人には伝えられない、禁断の密やかな妄想。
秘密なことほど面白いし、誰にも傷ついてほしくないから、腐女子はひっそりやってるんだよということまで分析してくれる。
このちゃんと向き合ってくださった感じがもう、嬉しくて仕方ない。
しかも、聞き手としていらっしゃる春日さんが開眼、腐男子へと道を歩みだしていきます。
そこに感動すら覚えました。
著者のお二人が、男性にこそ読んでほしいと仰っていましたが、本当にその通り。
脳内だけで完結する、楽しい遊び方があるんだよ!という、入門書にもなっているかもしれません。
少しでも腐女子って…と興味がある方に読んでほしい作品です。
決め付けている人は、損してるとまでおっしゃるタツオさんに、ありがとうと伝えたい。
とても良い本です。